コンビニコーヒーを買うのかスタバコーヒーを買うのか

オーガニック生活を始めるとき、”食”から入るのが一番わかりやすく簡単だと思います

今回は日本人にとって一番身近な”お米”をベースにオーガニックと非オーガニックの食材の費用の差についてお話いたします

【前提】費用については主に私が普段購入しているものを題材とします。神奈川県横浜市内で購入することが多く、地域による値段設定の差、時価による差額も出てきますのであくまで参考として情報のサポートとなれば嬉しいです

言葉の整理:オーガニック=有機栽培=BIO(ビオ)

まずは、値段から(私が普段購入してるもの)
有機玄米(2kg) 1680円
有機白米(2kg) 1860円
有機雑穀(???) 980円*

ちなみに私は有機玄米・有機白米・有機雑穀を常に置いており、4:1:1くらいの割合で炊きます(2020年4月時点ではストックする品数を少なくするため玄米と雑穀のみを購入しています)

白米を入れる理由は、おにぎりにしやすくなるからというだけで無くてもよいと考えています

では一般的な”米”として、白米を取り上げてみます
有機でない白米も魚沼産コシヒカリ2kgは1680円します

今回は同じ品種で比べてみましょう
有機白米(富山産コシヒカリ)2kg 1860円
有機でない白米2kg(魚沼産コシヒカリ) 1680円
その差は180円

一膳は約150g(※)で、これは炊く前のお米で75gに相当します。
2kgで26.666杯のお米を食べられる計算

一膳あたりの値段を計算すると、
有機白米  69.751円
有機でない白米 63.001円

6.750円の差(小数点第4位切り捨て)

(驚き桃の木、山椒の木!)

コンビニのコーヒーを買うのかスタバのコーヒーを買うのか、よりも金額的に僅差ではないでしょうか??

余談で、有機魚沼産コシヒカリ2kgは2200円します。魚沼産のブランド力すごいですね~!
確かに魚沼産コシヒカリはザ・日本人好みのお米と思いますし、オーガニック生活をするまでは私も実家で好んで食べておりました。これを固めに炊くのが美味💕
が、高すぎる・・・!

あとは好みの変化もあり、この商品比較をした時と今購入している品種もまた違います

私の近所で有機栽培のものを購入できるお店がありまして、そちらで3つの白米を産地・栽培方法・値段で比較したところ
①有機魚沼産コシヒカリ→極力農薬の使用や合成肥料の使用を控えて栽培【2kg 2200円】
②有機富山産コシヒカリ→完全無農薬・合成肥料栽培【2kg 1860円】
③有機岩手産ひとめぼれ→合成農薬7回以内、合成肥料7割減 【2kg 1290円】

品種もさることながら、産地によってばらつきがあるのは有機栽培でもそうでなくても同じ

私にとっての問題は栽培方法の内容です
私はあえて②を選んでいます

なぜなら”無農薬”だからです

有機栽培=無農薬栽培ではない、というのも大事な隠されたポイント

私がこの3つから購入順を考えると、②→③→①になります
(もちろん①が高すぎるのもある。笑)
超ブランド米である①の栽培方法は「極力控えて」という記載で、これではどれくらいなのか分かりません

その点で③は割合の記載があるためまだ信頼性があると捉えました

どこに価値を置くかは人それぞれなので、品種による味わいの違いだけでなく栽培方法も考えながらチョイスする楽しみ方ができるのもオーガニック生活の良い面だと思います

いかがでしたでしょうか

オーガニック食材の敷居は思ったより低く感じられたのではないでしょうか?

食からオーガニックを取り入れる場合、私がおすすめするのは自分が一番口にする食材から変えていくことです

また、今現在家にあるものは極力使いきってからどんどん有機のものに切り替えていくことをおすすめします

フードロスを無くすためです

なぜ有機栽培のものを選ぶの?なぜ農薬はいけないの?

ここにはセラピストとして身体的健康をより良いものにすること以上の大切なことが隠されています

それはまた別の回で🍀

読んでくださりありがとうございました!

*有機雑穀のグラム数を記録し損ねました…1袋およそ500g程度と想像ください。豆知識で、雑穀は酸化しやすいため、なるべく少量ずつ購入または開封し冷蔵庫保存すると良いです

※厚労省の食事バランスガイドでは、小盛り100g/中盛り200gとされており、その間を取りました

さぁ始めよう、オーガニックライフ

記念すべき第1回目の投稿はサイトを立ち上げた背景についてのお話

このブログではオーガニックライフを送る上でハードルとなりやすい費用について主に取り上げます

オーガニックはコストがかかる

そんな印象をお持ちではないでしょうか?

かけたコストに対して戻ってくるものが目に見えないから価値を感じにくい

だから意識高い系の人たちが取り入れるもの

そんな感じではないでしょうか?

私も初めはそうでした

実際のところ、オーガニックライフは富裕層でなくても送れます

私の収入だって現在は平均的だからです

あくまで金銭面のハードルを下げるべくブログを進めていきますが

そこにはオーガニックの真価を知る必要があるのは否めません

そんなところにも触れつつ発信していきたいと思っています

オーガニックはライフスタイルの1つ

オーガニックな生活なのか一般的な生活なのか

そういった線引きのあるものではなく選択肢の1つとして取り入れていっていただけたらこの上ない喜びです

取り入れる第1歩のきっかけになりますように

これまた気楽に読んでいただけたら幸い

ちなみに私がオーガニックに出会ったきっかけはセラピストである職業柄、がん患者さんたちとの出会いがあったから

多くの女性がん患者さんたちと出会ってきたことにより、癌という病気について勉強するようになりました

(言葉の整理:”がん”は広義的、”癌”は腫瘍性のものなど狭義的なものを指すことが多い)

癌という病気を知るうちに、これは何かがおかしい、と感じるように

がん患者数は近年増え続けていて

罹患数の増加は急速です

もちろん検査大国日本では検査方法の進化などにより早期発見が増えていることも1つにはありますが

小児がん患者数も増えている

これは何かがおかしい・・・?

これから生まれてくる子どもたちはどうなっていくのだろう・・・?

私たちの身体に何かが起きていて身体的な健康を取り巻く環境に何かがあるのでは?と考えるようになりました

そしてオーガニックに行き着きました

今度はオーガニックという生き方を知っていくうちに

その奥行きの深さにうっかりハマりまして

オーガニックライフがもたらしてくれるものは単に身体的健康だけでなく

その先にある生き方としての広がり

様々な身体的特徴があるように

様々な価値観と生き方があり

どんな生き方のヒトにも楽しんでいただけますように

オーガニックライフが当たり前となりますように

これからをつくっていく若者にこそ響きますように

5年後くらいに見返したら恥ずかしい投稿もいっぱい出てくるでしょうが(笑)

私らしく

ありのままを捧げます🍀